チビくまハウスのベアのデザイン、オリジナルについて

テディベア作りは簡単そうにみえますが 実は職人技の世界です。

オリジナルベアは 何体も、何年も先生のベアを作り基礎を学んでから デザイン 線引きに入ります。

また 1体 完成したとしても 販売には至りません。また線を何回も引き直し 制作し 線を引きデザイン(型紙変更)を変えていきます。こうして1体完成し、皆様のもとへ。

 

私もベアのイベントを当時の有名な先生に勧められましたが 自信がなく 5年目にして恵比寿ガーデンプレイスでの テディベアフェスティバルに出展しました。 それでも ドキドキし出展したことを覚えています。

 

人の型紙を使って線を変えたベアの販売はオリジナルとは言えませんので 販売してはいけません。

作家さんたちが私と同じく 何度もデザイン、線を引いて生まれてきたベアだからです。

 

あまりベアをしらないお客様は 可愛くあれば購入、または受講してしまうと思いますが、私プロから見ると 作品販売のベアの綿詰めが甘いな、バランスがおかしいよな。。。などすぐにわかります。 また どこの人?という方が ベアのレッスンをしているのをみると???と考えてしまいます。

私の指導をされている生徒さんはずっと私のレッスンを受講し 関わっています。

オリジナルベアコースを1,2回受けて 作家と名乗ったりしている方も数人おりますが 数回受けただけでは作家とは言えないと思います。

今だ 私も修行中と考えて 毎回 線引きを考え 変更しています。完璧なベアができるのはいつなのかわかりません。多分 一生 できないかと思います。

 

*ベアは作家さんの内面も関わってきます*

私は 毎朝 お花に水やり(ガーデニング)し気持ちを良くしてから作業に取り掛かります。気分の悪いとき(気持ちが沈んだ時)は絶対 顔は作りません。それはベアの顔になってしまうからです。

 

いろいろなこだわりがあって ベアが生まれます。

image1.jpg   2019  9  22 中村 裕子